地球の細胞〉とまでいわれる宝石・パワーストーンには「ある一定の法則」が存在します。
その法則を知ることで、宝石の神秘的パワーが益々向上し、貴方を幸運への体質改善と
更なる幸福人生へと導いてくれるのです。
 石にも意志があることを知る

テレビやラジオに電波の周波数が存在するのと同様に実際に目で見る事はできませんが、地球上に存在するさまざまな「石」すべてにそれぞれの周波(波動)が出ています。
パワーストーンの世界では、この波動のことを「意志」と呼び、それがエネルギーパワーの根元ともいえるのです。
石の意志とは?

石(パワーストーン)の意志(役割)は全人類の「幸福実現」です。石たちは自らを通じ人類の「健康」「人間関係」「経済」の永遠の繁栄をいつもサポートしているのです。
石は穢れ、汚れを嫌う   

パワーストーンの本質的役割とは、あらゆる関わりへの「昇華」「浄化」「リセット」「身代わり」「お守り」です。
毎日大切に接し、お手入れ等も忘れずに行ってください。
浄化用のクラスター・水晶チップ等のホコリを時折掃除し、清潔にしてあげてください。

信じると石は共鳴する
(共鳴の理)


宝石・パワーストーンを持つチャンスが与えられたら信じることが一番大切です。
「こんなもので〜」「〜かもしれない」との思いではどんな高価な石を持ってもパワーを発揮してくれません。
「信じるものは救われる…」であり、このことを〈共鳴の理〉といいます。

石はステージレベルに応じ変化する
(相応の理)

石は不思議と人それぞれのステージレベルに見合う人のところへ納まります。このことを〈相応の理〉といいます。

石のステップアップはごく自然のこと
(段々の理)

あなたのステージレベルが徐々に昇華されてゆくと石の役割が果たされ、物足りなさを感じることがあります。そんな時はよりステージ性の高い石を求めている証でもあるのです。
人それぞれ分相応に合わせたレベルアップが大切です。このことを〈段々の理〉ともいいます。

石の効果は持ち主の意識と真心で決まる
(情愛の理)


石にはあなたの思い入れ、触れ合い、かかわり合いをもって接することが大切です。
時には家族の一員のような気持ちで「今日も一日無事に守ってくれてどうもありがとうね!感謝していますよ!」等と声かけが出来たらパワーストーンは益々あなたに良き影響を与えてくれます。
「有り難う」と「感謝します」の言葉には言葉自体の領域を超えた不思議な魔法の「言霊(ことだま)」が込められており、このことを〈情愛の理〉ともいいます。

石はあくまでもサポート役
(実行の理)


パワーストーンにすべてを頼り、願うばかりでは石は共鳴してくれません。パワーストーンはあくまでもあなたに「気づきのチャンス」と「行動する勇気」の後押しはしてくれますが、ただひたすらに願うばかりで実際に行動を起こさぬ限り、実現化は決してありえません。
パンを食べたければパン屋さんへ行き、薬が必要ならば薬局屋さんに行くといった行動が必要なのです。このことを〈実行の理〉といいます。

石はあなたの身代わりになってくれる
(分身の理)


身につけている石が欠けてしまったり、ひびが入ったり、曇ってきたような時がまれにありますが、それはあなたの身代わりになった証拠。
ひょっとすると大きな問題だったことが小さく済んだり、小難が無難で済んだ表れなのかもしれません。
お守り代わりになってくれたことへの「感謝の意」を込め、割れた石はキレイな川に流したり、土に埋めて自然に返すことが大切です。このことを〈分身の理〉といいます。

石は否定的思考を嫌う
(肯定の理)


いつも心の中で「自分は悪くない、相手が悪い」「自分がこうなったのはアイツにせいだ」「でも、だって、しかし、けれども」「ダメだ、出来ない、無理だ」「陰口、悪口、恨み、ツラミ、妬み」…等の否定的なマイナス思考型の考えにはパワーを与えてくれないようです。
起こる物事の全てを肯定的なプラス発想への切り替えが成された時、あなたを幸運の道へと導いてくれるのです。
この世に偶然はありません。すべてが必然的に仕組みが成されていることへの「気づき」が大切なのです。
これらのことを〈肯定の理〉といいます。


 
バックナンバー

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17 /18 /19 /20 / 21/ 22/ 23 /24 /25 /26
Copyright(C)2008 Hirata inc.All rights reserved.